↑Amazonへのリンク

本書について

この書籍は、エンジニアがオンライン講座を制作して、Udemyなどの学習プラットフォームで配信して収入を得る方法を紹介しています。

連動するオンライン講座も収録しています。もしリリース通知が欲しい方は右の登録フォームから、通知サービスに登録してください。

オンライン講座とは?

動画と小テスト、練習課題から構成されるオンライン授業のことです。

たとえば筆者の場合には11のプログラミング講座を配信しています。講座は英語では「コース」と呼ばれます。

Udemyでのコース一覧

オンライン講座を配信するプラットフォームは各種ありますが、主に社会人のスキルアップをサポートするコースを多数配信しているのがUdemyです。

日本ではベネッセ・コーポレーションがパートナーとなり、日本語コースのPRなどを行っています。

どれくらいの収入が見込めるの?

2015年11月に配信を開始して、1年後の2016年11月には約90万円の収益が上がりました。

また、Udemy以外のプラットフォームで販売したり関連サービスを提供することで、本業のシステム開発とは別に合計月間100万円程度の収益があります。

どんな分野が人気があるの?

Udemyでは、プログラミング、データサイエンス、動画編集、写真撮影など仕事や趣味の専門スキルを短期間に学べるコースが人気があります。

社会人で短期間に特定の専門スキルを習得したい受講生が多く、通勤・通学時にスマホで動画を視聴してインプット学習、夜間や早朝に課題などのアウトプットをして学ぶ方が多いようです。

コース制作をはじめるにはどうしたらいいの?

もっとも手軽なのはプレゼンテーションソフト(PowerPoint・Keynote・Googleスライド)に音声ナレーションを追加する方法です。

ただし、パソコンの内蔵マイクは音質がよくないので、USBヘッドセットかUSBオーディオマイクを購入するといいでしょう。筆者の場合には、Blue Yetiというオーディオマイクを使用しています。

最初は3時間程度の動画と小テスト、練習課題から構成されるコースを制作し、販売してみるといいでしょう。

コース制作のサポートを受けるには?

私たちは、コースタイトルの選定、カリキュラム設計、レクチャー動画の収録・編集、オンラインプラットフォームでの販売までを、トータルにサポートしています。

最短1ヶ月程度で最初のコースのリリースまでたどり着けます。

【Udemyコース】

この書籍をベースにした動画レクチャーをUdemyで配信しています。

このページをご覧になった方は以下のリンクをクリックすると50%オフで受講できます。

コースを受講すると、Q&Aフォーラムで質問ができます。

また、テーマ選定やカリキュラム設計などの課題もありますので、ぜひペースメーカーとして

活用ください!

【個別サポートサービス】

一人でコース制作が不安だ、という方を対象に、著者自ら

  • コースタイトルの選定
  • カリキュラム設計
  • 収録・編集
  • 公開・PR

までをサポートします。

ネット上のビデオ会議システム(Zoom)を使用して、互いの画面を共有し、編集ソフトの操作方法などのトレーニングも可能です。近隣であれば、対面でも実施可能です。

費用: ¥10,000 + 税(1セッション50分)

お申込みは下記からお願いします。

PayPal決済が完了したら、登録されているメールアドレス宛にご連絡いたします。

もし、連絡先が異なる場合は、一番下の問合せフォームからご連絡ください。


セッション数

【お問い合わせ】

その他のお問合わせは、以下のフォームからお願いします。